節目で依頼される筆文字ギフト

MENU

福岡で結婚式ウエルカムボードと出産祝いのよか風吹く物語

人生の節目節目によか風で書を依頼してくれる方がいます。

 

たぶん5年くらい前からの来店だと思います。最初は友達の出産祝いや結婚祝いを依頼されていました。大事な人には書をプレゼントされていました。

 

ある日よか風へ来たときに「今回は自分の番です」と言われました。

 

自分たちが結婚式で飾るウエルカムボードを依頼されました。

 

おめでとうございます。と言って書き始めたのを覚えています。

 

その後、丁寧に結婚報告の写真入りポストカードも送ってくれました。

 

そのポストカードにはウエルカムボードも写っていてとても目立っていました。こちらもうれしかったです。

 

月日は流れ約3年前子供が生まれるとすぐによか風へ来て出産祝いの書を依頼されました。

 

結婚式のウエルカムボードから出産祝いの流れは最初のウエルカムボードを本当に喜んでくれたんだなと確信できるのでとてもありがたいですし、自信にもなります。

 

お子さんはすくすく育ち3歳になります。

二人目もよか風の筆文字出産祝い命名ギフト

20140308

 

そして今週2人目の子供を連れて一緒に来てくれました。お兄ちゃんと同じ大きさ同じ形式で書を依頼されました。

 

ちょっと抱っこさせてもらいましたが泣くこともなく終始ニコニコしたかわいい子でした。

 

名前に「樹」が付いているので台紙もその雰囲気のものを選ばれました。

 

節目節目によか風へ来ていただき本当にありがとうございます。

 

結婚式ウエルカムボードから
1人目の出産祝いそして
2人目の出産祝い

 

自宅でもよか風が吹いていることと思います。

 

すくすく育ちますように!

 

(額外寸 27×22cm)

関連ページ

ハーフの女の子へ出産祝い命名ギフト
ハーフの女の子への出産祝い命名ギフトでした。名前と花の絵を依頼。オリジナルのミニ屏風が仕上がりました。筆文字なのでもちろん世界でひとつの屏風です。写真もメールでいただきました。
よか風で命名を目の前で書く筆文字出産祝い
出産祝いの依頼でした。お父さんお母さんそして生まれたばかりの子供と三人を目の前にして書きました。筆文字を見る目は真剣です。目の前で仕上がっていく世界でひとつの書に注目していました。
お母さんから始まったよか風の縁が孫へと届く
お母さんとの縁から始まった縁が孫へと届いたエピソードです。よか風の筆文字が風に乗って伝わっていきました。数年前に出会ったお母さんから娘さん、その旦那さん、そして今回生まれた子供へと、よか風の書がつなげてくれました。
中国人が中国語で福岡の友人に出産祝いをプレゼント
中国人の友達が来店。日本人の友達に子供が生まれたので出産祝いのプレゼントを贈るとのことでした。依頼のやりとりやおしゃべりは中国語でしました。