出産祝いに生年月日と足を墨で表現

MENU

名入れ出産祝い命名ギフト家族三人で福岡のよか風へ

初めてのご来店。

 

約半年前に生まれた赤ちゃんと一緒に来ました。

 

誕生日を聞くとわたしと1日違い。なんだか親近感が出てきました。同じ天秤座です。

 

両親も星座までは把握していなかったらしくこの日、天秤座ということを知ったそうです。

 

男の子の赤ちゃんはまだ半年なのに愛想がよくでも男らしい面もあって堂々としていました。

 

足の形を押すときに墨を足に塗っても平気な顔をしていました。

 

来店のときはまずは

 

1.額の大きさを決めます。
2.ノートにボールペンで内容とバランスを書いてもらいます。(名前・生年月日など)
3.書いて乾かしてセットして約10分ほどでお渡しできます。

 

出産祝いや命名を書くときは元気に育ちますようにと思いながら書いています。

 

足や手の形を押す人は黒系の服装での来店をおすすめしています。赤ちゃんが暴れたり言うことを聞かない場合も多いからです。赤ちゃんなので仕方ありません。なので黒系の服装をおすすめしているのです。

目の前で仕上がっていく出産祝いの筆文字

依頼を受けるとその場で書いていきます。白い紙から仕上がっていく様子をどうぞ目の前でご覧ください。これもよか風来店の醍醐味です。

 

201403028

 

無から有になる瞬間を見ることができます。書き終わったあとも時間が過ぎてもこの瞬間は頭の中に印象が残っているはずです。

 

これを見るために県外から来る人もいます。

 

この日も目の前で書き仕上げていきました。

 

とてもほのぼのしたご家族でした。きっとこの家族に生まれてきた子供も幸せだと思います。すくすく育ちますように。

 

(額外寸 38×28cm)

関連ページ

ハーフの女の子へ出産祝い命名ギフト
ハーフの女の子への出産祝い命名ギフトでした。名前と花の絵を依頼。オリジナルのミニ屏風が仕上がりました。筆文字なのでもちろん世界でひとつの屏風です。写真もメールでいただきました。
よか風でウエルカムボードそして出産祝いという流れ
結婚式のウエルカムボード、出産祝いという人生の節目でよか風の書を依頼してくれる人がいます。とってもありがたいことです。筆文字はそのときの瞬間を永遠にするものなので節目の大事なときに喜ばれるのかもしれません。みなさんいい記念になると言ってくれます。
お母さんから始まったよか風の縁が孫へと届く
お母さんとの縁から始まった縁が孫へと届いたエピソードです。よか風の筆文字が風に乗って伝わっていきました。数年前に出会ったお母さんから娘さん、その旦那さん、そして今回生まれた子供へと、よか風の書がつなげてくれました。
中国人が中国語で福岡の友人に出産祝いをプレゼント
中国人の友達が来店。日本人の友達に子供が生まれたので出産祝いのプレゼントを贈るとのことでした。依頼のやりとりやおしゃべりは中国語でしました。