よか風の筆文字命名ミニ屏風

MENU

友達の出産祝いに最適なギフトを福岡から発信

とってもかわいいハーフの女の子。

 

出産祝いにも誕生日のお祝いにもミニ屏風が人気です。

 

9.5×9.5cmの二枚屏風です。

 

女の子の場合

 

右にお花
左に名前

 

この依頼が多いです。

 

自分たちの子供の場合は額装して飾る方が多いのですが友達や同僚への気軽な出産祝いの場合はこのミニ屏風がギフトに最適です。

 

来店された方はよか風の近所の方でまわりで子供が生まれるといつも出産祝いによか風のミニ屏風を選んでくれます。

 

何回も購入されているので依頼の仕方も慣れていらっしゃいます。

 

この子は男の子だからこいのぼりと名前で
この子は女の子だからお花と名前で

 

というような感じです。

 

よか風で少しおしゃべりしていかれることもあります。さほど広い店ではありませんがリラックスできる空間作りを心掛けています。ゆっくりされるとこちらもうれしく思います。

 

写真もこんな感じで友達にあげました。よろこばれました。というメールをいただきました。有難いことです。

 

ハーフ

思う気持ちの相乗効果で生まれる筆文字ギフト

書の力だけではなくこの依頼された方の友達を思う気持ちやこの写真の女の子のかわいさが相乗効果としてお祝いの気持ちをつくりあげ書がそっと後押ししている気がします。

 

なにかをしたいとか
お祝いしたいとか

 

気持ちがまずは大事でその中で数ある方法や手段の中からたまたまよか風の書が選ばれて風が吹いていくのだと思います。

 

だからわたしも依頼者の気持ちをいつも大事に考えます。

 

大事なのは気持ちですね。

 

近所ですしまたいつでもお立寄りください。お待ちしています。

関連ページ

よか風でウエルカムボードそして出産祝いという流れ
結婚式のウエルカムボード、出産祝いという人生の節目でよか風の書を依頼してくれる人がいます。とってもありがたいことです。筆文字はそのときの瞬間を永遠にするものなので節目の大事なときに喜ばれるのかもしれません。みなさんいい記念になると言ってくれます。
よか風で命名を目の前で書く筆文字出産祝い
出産祝いの依頼でした。お父さんお母さんそして生まれたばかりの子供と三人を目の前にして書きました。筆文字を見る目は真剣です。目の前で仕上がっていく世界でひとつの書に注目していました。
お母さんから始まったよか風の縁が孫へと届く
お母さんとの縁から始まった縁が孫へと届いたエピソードです。よか風の筆文字が風に乗って伝わっていきました。数年前に出会ったお母さんから娘さん、その旦那さん、そして今回生まれた子供へと、よか風の書がつなげてくれました。
中国人が中国語で福岡の友人に出産祝いをプレゼント
中国人の友達が来店。日本人の友達に子供が生まれたので出産祝いのプレゼントを贈るとのことでした。依頼のやりとりやおしゃべりは中国語でしました。