当の旧字体漢字とレキシの歌

MENU

旧字体漢字の当は田んぼの中の農耕儀礼で神を迎え入れる

旧字体漢字の当

旧字体漢字:当
形声:祝詞を入れる「器」と「介」「窓」を合わせたもの。新字体の「当」は、草書体から作られた省略形。

 

相当、適当、当然、当番、当選

 

いろんな「当」をつかった熟語があります。旧字体を見てみると「田」が入っています。辞書によると「当」は田んぼの中の農耕儀礼をする際に神を迎え入れるとあります。「當」は「当」の旧字体で「口」は神にささげる祝詞を器の意とされています。


サンボマスターとレキシの池ちゃんが歌う墾田永年私財法

旧字体漢字の当

 

当も田んぼから意味がきているんですね。田んぼで思い出すのがこの曲です。いい曲です。

 

僕は君のもの永遠に 永遠に 永遠に土地は 誰のものそんな風に思うよ
music by レキシ『墾田永年私財法』

 

メニュー

最新記事