かわいい福岡女子も書Tシャツ

MENU

福岡女子も書Tシャツを着る

よか風をこれまでもこれからも愛してくれる人がいます。最初に来店してもう数年の月日がたっています。あるときは出産祝いを、あるときは結婚祝いを、あるときはおばあちゃんの家に飾る書カレンダーを依頼してくれました。

 

来たときは少しおしゃべりしていきます。数年の月日が流れているので、この人の人生も時とともに流れています。ストレス発散したり、夢を語ったり。よか風の空間はそんな場所にしたかったので、この人はそれを受け取ってくれた人のひとりです。

よか風を感じる書Tシャツ

この着ている書Tシャツも以前依頼してくれたものです。お昼はこれをずっと着ていて糸島のイオン(ショッピングモール)も行ってきたそうです。みなさんも見かけたら声を掛けてみてくださいね。「わたしもよか風の書を持っていますよ」って。週に1回着ているそうです。

 

話を聞いていると最近は中学生英語を塾で教えるようになったそうです。夢に向かって一歩一歩前進しています。よか風に来る人は必ずといっていいほど、まず壁にぶち当たります。そこから夢をみて目標を立ててV字回復していきます。だからたくさんの人を見て壁にぶち当たるのもいいことだと思えるようになりました。人生の道のりは平坦ではないですよね。壁にぶち当たり失敗を繰り返しながら成長していきます。

 

福岡女子

 

この失敗を少しだけ痛みが軽くなる場所としてよか風を利用していただき、V字回復のとき「風」に乗って上昇する方法をよか風で感じて帰っていきます。

関連ページ

2015年の羊年の春節に過去と現在と未来の書Tシャツ物語
横浜中華街で出会って、そのときに結婚祝いの書Tシャツを依頼していただき、その後、子供の出産祝い、三歳のお祝い、そして二人目の子供の出産祝いの書Tシャツを依頼いただきました。春節の思い出とともに物語をご紹介します。
いとこの沖縄の子供にプレゼントする書Tシャツ
オリジナルの書Tシャツ。名前の依頼が多く、出産祝いや誕生祝いのギフトとしてよろこばれています。文字は何でも依頼に応えるので世界でひとつの書Tシャツが仕上がります。今回はいとこの男の子にプレゼントする内容でした。
シンガポールと鹿児島県徳之島を結んだ書Tシャツ物語
シンガポールで出会った人に書Tシャツの依頼がありました。その書Tシャツは鹿児島県の徳之島に行きました。縁は不思議なもので、世界を駆けめぐります。その縁の風に乗り書Tシャツも世界を駆けめぐりました。依頼をした人は今はオーストラリアにいます。
2014年馬年生まれの書Tシャツ物語
午年生まれの命名出産祝いの書Tシャツでした。馬が好きな親から生まれた赤ちゃんです。名前も馬がついて、馬の絵も依頼がありました。書Tシャツが届いてから写真をメールでもらいました。すくすく育ちますように。
アビスパ福岡がきっかけで北九州から依頼の来る出産祝いの書Tシャツ
アビスパの応援紙マフラーがきっかけで書Tシャツをいつも注文してくれます。ありがとうございます。命名や出産祝いに友達にプレゼントするそうです。
佐賀県から福岡へオリジナル書Tシャツを着てよか風へ来店
佐賀県から「毎日しあわせ」の書Tシャツを着た桜ちゃんがきました。小学生のよか風ファンです。
福岡発信1枚から制作するオリジナル筆文字Tシャツ
小学生の書Tシャツファンの桜ちゃんからお手紙をいただきました。書Tシャツを気に入ってくれておばあちゃんにもプレゼントしてくれました。そのおばあちゃんと一緒に写った写真を送ってくれました。