福岡で筆文字ギフトならよか風へ

MENU

おしどり夫婦へ結婚祝いのプレゼントと御祝言葉のメッセージ

おしどり夫婦

7月末に「おしどり夫婦」の結婚祝いの書を依頼した人の記事を書きました。

 

今日はその「おしどり夫婦」の書をプレゼントされた人の記事です。

 

この写真の夫婦の方たちとわたしは会ったことはありません。

 

来店された方がこの新婚カップルに結婚祝いをプレゼントされました。

 

とっても喜んでもらえたようで新婚カップルから写メールが届いたそうです。

 

その写メールを転送してもらいました。

 

こんなうれしそうな笑顔を見ると書いてよかったなあと思います。

 

依頼した方は新婚ではありませんが仲のいい「おしどり夫婦」です。

 

この方から新しいおしどり夫婦に書がプレゼントされたことを考えるとこれも「縁」だなと思います。

 

縁は「風」に吹かれて新しい人の方へ吹いていきました。

 

いい縁は風に乗ってどんどん伝わっていくのです。

 

その風がいつも書いている「書」のような気がします。

 

「書」だけ書いても完成ではなく風に乗った「書」を書かなければなりません。

 

風に乗るにはいろんな人の「思い」が必要です。この思いのおかげで「書」が伝わっていきます。

 

今回も結婚した夫婦の「思い」それを祝う気持ちの依頼した人の「思い」

 

この思いが重なって「書」も風に乗り心が込められ写真の人たちの笑顔へとつながりました。

 

「書」で心を伝えたいことがある。

 

これは以前から言っているテーマですがいろんな人たちのおかげで「心」を込めた「書」が書くことができています。

 

心を込めた「書」は自然と風に乗るんですよね。

 

(額外寸 27×22cm)


関連ページ

心温まる結婚式の両親へのプレゼントは筆文字でありがとう
近所の人です。もう何回もよか風に来ている人が結婚するので筆文字で表現した「ありがとう」を両親にプレゼントしたいとの依頼でした。旦那さんになる人と一緒にいろいろ考えながら依頼されました。こちらから見てもいい時間が過ぎていったと思います。
Bankbandの糸を思い出しながら書くウエルカムボード
もうすぐ結婚して台湾へ行く人がウエルカムボードを依頼しにやってきました。Bankbandの糸の歌詞の話をしたことがあるのでそれに反応していました。歌詞を思い出しながら旧字体の糸を書いていきました。結という筆文字のウエルカムボードの出来上がりです。