最近考えた禅の話

禅は難しいものと思っていました。しかし、最近、禅について考えるきっかけがいろんな方向からやってきました。禅は難しいものと思っていたけど意外と身近にありました。それは友達との会話だったり漫画だったり毎日の暮らしの中にすでにありました。気付くか気付かないだけですでにあったんです。

 

身近に感じてからは禅を意識するようになりました。まるで散歩するときに旬の草花を探すような、季節の昆虫を探すような感じです。街でてんとう虫を見つけるように禅が見つかるようになりました。

 

今回は「友達」「漫画」「iPhone」の3つのエピソードについて書きたいと思います。

ジェリーが話した禅

最初に紹介するのは台湾人のジェリーと話していたときのことです。ジェリーとは10年以上前から友達です。ちなみに台湾人は本名以外にイングリッシュネームを持っている人が多いです。この英語の呼び名はビジネスでも使います。名刺にも書いてあります。

 

10年前のジェリーはとてもよく話す人でした。よく話すというのが度が過ぎて四六時中話していて話していない時間を見つける方が大変でした。「これはね」「そういえばね」「あれはこうだよ」とずっと話していました。誰もが聞く側になりジェリーは話す側でした。

 

そのジェリーが2年前くらいに会ったときになんと物静かなんです。落ち込んでいるというわけではないんです。なんか変化しているんです。話を聞くと「最近禅に目覚めたんだよ」と言っていました。ジェリーは日本語があまり上手くないので中国語でお互い話します。禅の難しい中国語単語はこちらもわからないのでいろんな簡単な例えをして身振り手振りをして説明してくれました。機関銃のように話していたジェリーが禅を意識して静かに落ち着いていました。そして聞く側になっていました。

漫画「へうげもの」の禅

漫画「へうげもの」を読んだときも禅を意識するようになりました。漫画の主人公は古田織部という戦国武将です。織部(おりべ)という言葉は焼物の釉薬の名前だとそれまで思っていました。しかしこの戦国武将から由来していることがわかりました。信長、秀吉、家康の時代を生き抜きます。古田織部が大きく影響を受けた人物に千利休がいました。漫画のあらすじや感想を話し出すと何時間にもなりそうなので省略します。

 

この漫画で発見し共感したのは「味がある」とはどういうことかということでした。芸術の中でよく使われる表現です。「きれい」ではなく「味がある」という表現。しっくりくることもありますが詳しい説明がつかないときに言われる言葉です。

 

漫画では茶道を中心に展開していきます。茶道道具についても描かれています。古田織部が味がある釉薬にたどり着いたのはこういうことだったのかと思いました。漫画の中では「数寄(好き)」という表現がたくさん出てきます。茶道と禅の奥にあるものがこの漫画でより深くわかりました。この漫画おすすめですよ。味があるということがわかる漫画でした。

iPhoneの禅

iPhoneも禅が関係していたと知っていましたか?

 

わたしはこの前まで知りませんでした。スティーブンジョブズが禅を意識していたそうです。どうりでスッキリしたデザインで無駄のない操作だと思いました。この感覚を禅から導き出していたんですね。

 

いろいろ調べていくと映画スターウォーズの監督のジョージルーカスも禅に影響されていたそうです。禅の精神は海を渡っています。どちらかというと外国人が示す禅の方が日本人に影響をあたえていますね。

 

操作がシンプルになり直感的になりアイデアが溢れる機械が生まれたのは禅と関係しているんですね。このiPhoneを無意識の内にわたしもそして多くの日本人が使っています。

日常にある禅

禅は難しいものではないことがわかりました。寺に行かなくても禅を感じることができます。iPhoneを使っている人はすでに禅なんですよね。あとは意識するかどうかです。茶道や寺だけが禅ではなく、iPhoneもスターウォーズも禅を意識していたことがわかりました。禅は日常にあります。こんなことを考えながら禅という文字を書いてみました。これは禅の旧字体です。

 

禅

 

書Tシャツの詳細はこちら

書Tシャツを野点の掛け軸に

茶道で野点(のだて)というのがあります。屋外で茶を楽しむ茶会のことです。漫画「へうげもの」の中にも出てきます。有名なのは秀吉が開催した北野大茶会ですね。

 

野点の掛け軸に書Tがぴったりだなと思いました。Tシャツなのでハンガーで気軽に木に掛けることができます。掛け軸のように破れる心配もありません。汚れたら洗うことだってできます。

 

でもまだこれをやっている人はいませんよね。キャンプはソロキャンプもファミリーキャンプも流行っています。そこでコーヒーやお酒を飲む人も増えています。これと同じ感覚で書Tシャツの掛け軸で野点する人が増えたら茶道も現代にアップデートされるなと思いました。